ハイドロキノンでVラインを美肌にする

日本人は色素が比較的濃いので、Vラインも黒ずみやすいとされます。
しかし最近は美肌を目指す人が多く、そこでハイドロキノンが注目されています。
ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれ、美肌に大きな影響を与えます。
ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンを抑えるだけでなく、メラニン色素を生成するメラノサイトまで減らすことができます。
日本では歴史が浅いですが、海外では定番の美肌成分です。
一般的にハイドロキノンは、体が白くなるまで時間がかかるとされますが、Vラインは角質が溜まっていたり、粘膜に近いことから効き目が早い傾向にあります。
人によっては刺激が強いので、皮膚が炎症を起こして沈着した色素でシミを作ってしまいます。
これは一時的なもので、炎症が治ると自然と剥がれ落ちます。
しかし炎症した部分でターンオーバーが機能しないと、シミが定着し、メラニン色素は肌表面に残り続けます。
その場合は、保湿を中心としたスキンケアで対処して、数ヶ月~半年後には気にならなくなります。
この時期は紫外線のダメージを受けやすいので、海などに行くのは避けます。
皮膚の強さには個人差があり、特にVラインは肌が弱い人がいるので、事前にパッチテストを行います。
絆創膏のガーゼ部分にハイドロキノンを塗って、腕の内側など柔らかい部位に貼ります。
24時間以内に赤みやかゆみが出たら、アレルギーの可能性があるので、使用しないのが良いです。
ハイドロキノンは安定した成分ではなく、酸化しやすいです。
酸化によって作られるベンゾキノンは刺激が強いので、茶色になったものは捨てます。
冷蔵庫で保管し1ヶ月以内に使い切ります。
ハイドロキノンの濃度は0.1%程度ですが、皮膚の強さに応じて調整します。

サイト内検索
最近の投稿
No image

ハイドロキノンでVラインを美肌にする

2019年10月19日

鏡を見ている女性

2019年7月11日

人気記事一覧
1
肌がきれいなので満足をする女性
敏感肌さんのアンチエイジング

2019年05月13日

(269 Views)

2
考えている女性
肌に必要なビタミンとは

2019年06月11日

(242 Views)

3
鏡を見ている女性
ビタミンの過剰摂取

2019年07月11日

(173 Views)

5
クリームを顔に塗る女性
体の中から若返る食べ物

2019年05月25日

(136 Views)